So-net無料ブログ作成

浮動-京都戦即レポ [即レポ]

ジェフ0-2京都


どうも、わたしです。



ジェフは前節のアディショナルプレーでの敗戦を盛り返すべく、強い気持ちで臨んだ一戦であったと思いますが、

今節も、終了間際の失点で敗戦となってしまいました。



ゲーム自体は、両軍とも良さを消し、ふわっとした雰囲気の中で、

ジェフの方が最後の気迫で劣った印象のゲームでした。



さて、ゲームは京都が前に入れてきて押し込んでいく展開で始まるも、

ジェフはカウンターで速攻で盛り返し、京都の裏を狙う形をとった。



ジェフはカウンターから左サイドで起点を作り、前線でボールを持つ時間ができ、

ペースを握ったが、決めきれず。



ジェフが多くの決定機を作るも、ゴールを割ることができず、

0-0で前半を終えた。



後半に入ると、ジェフは早めに前線に入れて起点ができ、チャンスを作るも、

京都も早いタイミングで前線に入ることで、全体的に間延びしたゲームとなった。



ライン間にFWが下りてきて起点ができ、両軍ともつなぐことができるが、

ゴール前で守りきり、得点には至らず終盤戦となった。


京都の圧力が高まっていたがジェフは守り抜いていたが、90分、

クロスの跳ね返りを、田村にミドルで決められ失点。



90+3分に、ジェフは攻めるもパスをカットされ、カウンターから失点、

0-2で敗戦したゲームとなりました。


さて、ゲームはジェフも京都もそれぞれの良さを消し、

ふわっとした印象でした。



ジェフは相手の裏、特にサイド裏に入れていく事で京都のコンパクトな守備を消し、

間延びさせたと思いますし、



京都も早めに前線にボールを入れ、強さで起点を作ることでジェフの守備を押し下げ、

ジェフのコンパクトも奪っていて、



両軍とも間延びして、

ふわっとしたゲームになったと思います。



ただ、両軍とも間延びしてジェフは清武、為田、也真人らキーマンにもボールが入る中、

攻めきれなかったようにも感じました。



高い位置でボールを持てるものの、なんとなくふわっとした印象で、

ゴールに向かう迫力を感じず、単調になってしまったようにも思います。



このところジェフはうまくいっておらず、不祥事のようなこともあり、

慎重になってしまうのもわかりますが、



ゴール前で、相手の気迫を上回る気迫をもって、

迫力を出さないと、なかなかゴールも決まらないようにも思います。



そういった気持ちの慎重さが、

全体的にふわっとした、浮動的な雰囲気になってしまったように思います。



チームを変える、チームを盛り上げるという気迫をもって、ゴール前で迫力を見せてほしいですし、

自分のチャンスとして、個のわがままさで変えていく迫力でもいいと思います。



終盤戦に入った今だからこそ、

思い切ったプレーが見たい。



次節はホームで、

レジェンドマッチもある岡山戦です。



相手に作られた浮動的なふわっとしたゲームではなく、

自発的な流動的なゲームにし、ゴールへ向かう迫力を見せるゲームにしていきましょう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント