So-net無料ブログ作成

スペースをうまく作り出し後半はペースを握る<2017年J2第27節山口戦@フクアリ> [レポート]

ジェフ2-1山口


どうも、わたしです。


前半はぴったりマンマークにつかれてしまい、前を向けず、まったく起点が作れませんでしたが、

後半は劇的に改善し、前を向いてプレーできました。



うまくスペースを作り出した、

そんな作戦があったと思います。


内容を簡単に振り返ります。



ゲームはやや山口が積極的に入るも徐々にジェフがボールを持ち、山口が守備的に戦う展開となった。ジェフがボールを回し、サイドから崩しにかかるものの、山口のマンマークにぴったりとつかれ、起点ができない展開が続いた。中央でもサイドでもボールの入り先で抑えられてしまい、起点ができず、前半はシュートも少なく0-0で終えた。後半に入ると、 流れが改善。裏へのボールを増やすとマークがはがれ、スペースを使っては、敵陣へ攻め込んだ。57分に左サイドから追い抜いた乾のクロスを、キーパーがはじいたところへ、也真人がボレーで合わせ先制に成功。後半はジェフがペースを握り攻め続けるもなかなか点が奪えないでいると、89分、カウンターからのスルーパスを倒してしまい、PKを与え、決められて失点。パワープレーで近藤をFWにあげると、これが的中。90+3分、為田の右からのクロスを指宿がすらし、近藤が折り返したボールに、清武が詰めて2点目を奪った。これが決勝点となり、2-1で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①スペースをうまく作り出し後半はペースを握る


ジェフは前半は山口のマンマークの守備にぴったりとくっつかれてしまい、

起点ができませんでした。


縦パスが入っても後ろにぴったりくっつかれてしまい、前を向けず、

戻すしかなかった印象でした。


動いてもマンマークでついてくるので引きはがせず、

どうしたものかと思っていました。



それが、

後半に入ると、劇的に改善しました。


ジェフは、裏へのボールをどんどん入れるようになると、

相手の最終ラインは裏へのボールも警戒すると、ややラインが下がり、ぴったりついていたマンマークがはがれたように思います。


また、ラリベイらがやや下がって受けて、センターバックを揺さぶる動きもあり、

相手のディフェンスラインがばらつき、前線との距離も離れ、スペースが空いたように思いました。



全体的にスペースができたので、ジェフは前を向いてボールを扱い、

おさめている間に、後ろから追い抜いていく動きもでき、ペースを握りました。


わたしの考えでは、前線が流動的に動いてマークを引きはがすしかないかと思っていたので、

効果的に、マークを引きはがし、スペースを作る流れができたと思います。



ジェフは前半がうまくいかなくても、後半に向けてうまく対策をたて、

それを、選手が組織的に実行できるようになってきたように思います。


おそらく、山口は前半は手ごたえがあったと思いますが、

後半は、しんどい時間だったと思います。



局面を個で打開するだけでなく、うまく対策をたてて組織で打開していけるというのは、

大事な要素と思います。



試合前までに対策を立て、最初からうまくいけばそれに越したことはないですが、

うまくいっていなくても適宜修正する、そういう柔軟さも大事でしょう。



相手のサッカーに対し、組織的に対策し、

修正をはかる、そんなサッカーを今後も続けていってほしいと思います。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント