So-net無料ブログ作成
検索選択

《プレビュー》明日はJ2水戸戦@Ksスタ [プレビュー]

※6月16日分の更新です。



どうも、わたしです。



前節首位福岡と引き分けたジェフは、

アウェイ水戸に乗り込みます。


11戦無敗の好調水戸に対し、

勝利を奪いたい一戦です。



前節の水戸は1-0(対松本)で勝利しています。
4-4-2の布陣を敷き、コンパクトでややラインの高い陣を敷いている。コンパクトな陣で相手に起点を作らせず守ると、ボランチ内田・橋本から、FW前田・林に入れ、サイド攻撃につなげていく形が多いか。FW前田は好調でスピードで優位に立ち収めていくとともに、林は高さ強さで存在感がある。FWに収まるとサイドバックが上がってきてサイドから攻める形が多い。一方で中央の起点がボランチでやや低く、ロングボールが多いか。また守備面ではラインが高いので裏のスペースを使われることも多く、またサイドバックが上がるのでそのスペースや、コンパクトにしたサイドの脇など、使われている。


個人的注目点を書いていきます。

①カウンターを大事に、スピードともって攻めよう



水戸の陣形はコンパクトで、

しっかり陣を敷いてしまうと、なかなか穴がありません。



ここ11戦負けなしと、

好調を保っているのは、この守備面によるところも大きいと思います。



一方で、攻撃に転じると選手の動きがかなり流動的で、

守備に戻る瞬間は、かなり陣形が乱れて、ライン間が空いている印象です。



そのため、ジェフとしては、カウンターを大事に、

相手のコンパクトが戻る前に、スピードをもって攻めたいところ。



相手の陣が出来上がる前にライン間で起点を作り、

サイドバックの裏や、相手の高めのライン裏にボールを入れていってほしいと思います。



また、相手の攻撃の起点も低めなので、

ハイプレスも有効でしょう。



高い位置のハイプレスで奪ってのショートカウンターも、

うまく使っていってほしいです。


②サイドを大きく使い、ライン裏に入れていこう

ジェフの攻撃についてです。


水戸の陣形はコンパクトで、4バックなので、

ややサイドがうちに締めて空いている印象です。


そのため、早い攻撃でないシーンでは、

サイドを大きく使った攻撃に注目です。


サイドに大きく振ることで起点をつくり、

相手のやや高いライン裏に入れていってほしいと思います。



③水戸FW前田、林に注意

ジェフの守備についてです。



水戸はボランチを起点に攻めてくるものの、

やや起点が遠く、FWへのロングボールが多くなっています。


しかし、FW前田・林が好調で、よくボールが収めり、

サイドバックが上がってきてのサイド攻撃などで、ゴールへつなげています。


ジェフとしては、この2人のFWに、

注意が必要でしょう。


特にルーキー前田がスピードで注目を集めており、

DFを置いていくスピードで、裏へのボールに走りこんでくるのは注意が必要です。


また、林も高さ強さがあり、

しっかり収まるポスト役になっており、注意が必要でしょう。



マークを外さず、しっかりと対応してほしいと思いますし、

特にGKに、広い守備範囲が求められると思います。



さて、ジェフはやや苦手とするKsスタでの、

ゲームとなる。


ここまで2勝4敗1分けと負け越しており、

さらに、今期は水戸がここまで11戦負けなしと、好調と保ってのゲームとなる。


ただ、前節ホーム戦で感じられたのは、

ジェフもチームが出来上がりつつあり、ゴールまでもあと一歩というところに来ているだろう。



水戸を打ち破ることで、

勢いをつけるに値するゲームを期待しよう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0