So-net無料ブログ作成
検索選択

徐々にスペースの作り方ができてきただけに悔しい敗戦<2017年J2第14節東京V戦@味スタ> [レポート]

ジェフ0-3東京V



どうも、わたしです。



なかなか、

悔しい結果になってしまいました。



ただ、前線でスペースを使う動きというのは出てきて、

これを得点につなげたいと思う内容であったと思います。



内容を簡単に振り返ります。


ゲームはジェフがボールを握り、押し込む形で進みました。サイドを大きく使い、ボールを回すと、相手の狭いライン間で起点を作り、裏へ抜ける形でチャンスも。しかし、徐々に相手のコンパクトな守備に崩せなくなると裏に抜ける形も少なくなり、停滞。それでも前半は相手にボールを持たせず、東京Vらしい形は封じて、前半を0-0で終えます。後半に入ってジェフはさらに前に出て、やや寄せられなくなった相手に対し、スルーパスなどでチャンスを作った。しかし、55分に中盤で奪われたボールを外国人FW2人に決められると、69分、77分と失点し、やや勢いが衰えた。後半は攻撃でもルーズになり、チャンスも少なく、0-3で敗戦したゲームとなりました。


思うところを書いていきます。


①徐々にスペースの作り方ができてきただけに悔しい敗戦



このブログでは、数戦前までの記事で、

押し込んでも前線でうまくスペースが使えず、うまくいっていないことを書いてきました。



その面で、前節は指宿をターゲットにし、指宿が相手のラインを押し下げて作ったスペースに、

ライン間に選手が入る、スペースを使う動きで得点を作り、スペースを活かすことが機能したと思います。


そして今節、相手の東京Vが、ややスペースをしっかり埋めてくるチームであることから、

指宿でなくラリベイを起用し、細かく起点作る形にジェフも変えてきたと感じました。



実際にラリベイは、かなりサイドや中盤で動き、

ボールを動かす役割をしたと思います。



そんな役割もあり、ジェフは三角形を各所で作って、

相手の寄せをいなして、ボールを持つことができました。



ただ、崩しきるには、

どこかで相手のマークをずらし、相手のディフェンスを外さなくてはいけません。



ジェフは、相手の最終ライン前で起点を作り、ちょっと後ろに戻して前を向き、

同時に相手のラインが上がった裏に、ボールを入れる形でスペースを使おうとしたとみています。



前半は何回かそんな形があり、

後半最初はサイドでスルーパスが通るようになりました。



50分前後にはそんな動きが顕著になったので、ジェフに得点が入るペースになってきたように感じていたのですが、

55分に相手の外国人FW2人の個でやられてしまい、ペースが変わってしまいました。



ジェフとしては、

ここまでなかなかできていなかったスペースを使う動きというのが、見えてきたかなと思いますが、



得点を重ねるまでには、

もうちょっとというところだと思います。



ただ、正直なところ、その前のところでの東京Vにたいしてボール保持率で圧倒するという部分まで難しいと思っていたので、

行きつくところまで行ってほしいところ。




ボールを保持し、相手のスペースを使い崩して、

相手に触ら得ないサッカーができれば、理想です。



もう一歩のところまで、

見えてきたのではないでしょうか。



スペースの使い方が見えてきただけに悔しい一戦です。

さらに継続して、スペースをうまく作って崩していってほしいと思います。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0