So-net無料ブログ作成

《プレビュー》明日はJ2長崎戦@フクアリ [プレビュー]

※5月12日分の更新です。


どうも、わたしです。



前節は両軍退場者を出す激闘も、敗戦を喫したジェフは、

3試合ぶりにホームへ戻り、長崎を迎えます。



ホームで勝利を目指し戦いたい、

大事な一戦です。



前節の長崎は、0-0(対水戸)で引き分けています。
3-4-3の布陣で、守備では球際に強い守備で守ると、攻撃は速攻でスペースにつないでゴールを目指す。FWファンマが好調で、ゴール数もあり、また前線の収めどころとして収まっており、追い抜いてくるFW澤田・中村らへボールを供給している。サイドの飯尾・古部・翁長らもスピードがある。CB田代・ボランチ前田・島田ら、ロングパスに精度があり、ファンマへボールを供給している。得点の多くがセットプレーになっており、注意が必要。一方で裏のスペースにボールを入れられると下がりながらの対応になり、陣内にスペースを作っており、下がりながらの対応で後手に回っている。



個人的注目点を書いていきます。


①相手の寄せにも落ち着いてボールをもって崩そう



長崎のボールへの寄せが早く、そして強さがあるので、

多くのチームはひっかけられて、攻撃をさせてもらえていません。


ジェフはパスをつなぐチームですので、このプレッシャーは厄介ですし、

スムーズさを失うのはやりにくさがあるでしょう。



ジェフとしては、相手が強く寄せても落ち着いて、

大きな展開で相手を無駄に走らせるサッカーが必要でしょう。



ジェフが大きく回すことができれば、

相手は寄せれば、その分スペースを空けることになり、ジェフはどんどんやりやすくなっていきます。



また、ジェフがボールをひっかけられなければ、

相手は奪ってのカウンターのチャンスも減るわけで、リスクも減ります。



慌てず落ち着いてボールを動かし、

大きな展開で揺さぶってほしいと思います。



②相手の守備をひろげてスペースを作ろう



ジェフの攻撃についてです。



長崎は、相手にボールが入っても寄せられる距離を保ってしっかり守ってくるので、

スペースに入れても、寄せが来る、非常に嫌な陣形を作ってきます。



ジェフとしては、揺さぶることで、このスペースを寄せられない距離に広げ、

揺さぶっていきたいところ。



サイドのWBの裏や、CBの裏へ入れて、後ろに下がらせることで、

ライン間が徐々に広がり、ライン間にスペースを作っていることも多いので、裏へのボールを出すことが必要かと思います。



サイドと裏と、いろいろな動かし方で揺さぶり、

スペースをつくり、そこで起点を作って崩してほしいと思います。



③ハイラインの裏へのボールは来て当然。出させないようしっかり寄せよう



ジェフの守備についてです。


相手は、そもそもカウンターで裏へボールを入れてくることが多く、

FWファンマに正確なロングボールを入れて収めさせ、FW澤田・中村らが追い抜くことでゴールを狙ってくると思います。



これは、相手がジェフだからというだけでなく、もはやある程度パスを出されることは覚悟が必要で、

いかにボールの出どころで寄せて、正確なパスを出させないかということだと思います。



相手の起点になってくるところは、CB田代(元ジェフ)を筆頭に、ボランチ前田・島田らだと思いますが、

田代のパスの正確性が目立ち、必ず田代を経由してきます。



前線が田代にしっかり寄せて、パスの正確性を削ぐことで、

ロングボールがずれれば、相手の攻撃の時間がかかるでしょう。



ロングボールを正確に出させない、

寄せに注目です。



さて、ジェフはGW連戦を終えて、

ホームに帰ってきてのゲームになる。



ここ2試合アウェイであったので、

ホーム戦を待ち望んでいたサポーターも多いだろう。


気持ちのこもったゲームで、

勝利を奪いたい。



ホームフクアリで戦えることでチームを盛り上げ、

気持ちのこもったゲームで勝利をもぎ取ろう。



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0