So-net無料ブログ作成
検索選択

《プレビュー》明日はJ2横浜FC戦@ニッパツ [プレビュー]

※4月21日分更新です。


どうも、わたしです。



前節押し込んだ戦いで勝利を得たジェフは、

アウェイ連戦で、横浜FCと戦います。



どんどんラインをあげてくる相手に、

負けられない一戦です。




前節の横浜FCは、0-1(対町田)で敗戦しています。
4-4-2の布陣を取り、コンパクトな陣形が特徴的。ボールサイドにコンパクトに布陣し守ると、FWイバにボールを収めさせ、全体が上がってくる攻撃は迫力がある。DFを2枚だけ残し全体が上がってくるのでボール近くに人数も多く、細かくつないでの攻撃や、相手がボールサイドに守備を集中させるので、逆サイドへ振っての攻撃も破壊力がある。一方で守備人数が少ないのでカウンターを受けるとやや慌てて戻る様子がある。コンパクトな守備のためサイドチェンジにも弱い面がある。



個人的注目点を書いていきます。



①ポゼッションをしっかりして押し込もう


今節の相手、横浜FCは通常からハイラインというほどではないですが、

攻撃でFWイバにボールが収まると、全体的にかなり上がってきてリスクを負っての攻撃が特徴的と思います。



センターバックを2枚だけ残し、全体が上がってくるので、敵陣に人数が多く、ポゼッションにも安定感があり、

押し込まれてしまうとなかなか跳ね返せなくなってしまいます。



イバが広く動いて起点を作り、ゴール前ではカズがマークを外して待っているという、

なかなか怖さのある攻撃になります。



一方ジェフは、前節は押し込んで敵陣でポゼッションする戦いを見せ、

今節も横浜FCの良さである厚みのある攻撃をなくすためにも、押し込んだ戦いを期待します。



ジェフの早い寄せで相手にボールを回す余裕を与えず、

どんどんと相手のライン裏に入れて、相手の陣地を引き下げていってほしいと思います。



②サイドからガンガン仕掛けよう


ジェフの攻撃についてです。



横浜FCの守備は、コンパクトになっていて、あたりも強くスペースも少ないので強固ですが、

逆サイドはスペースが空いており、サイドチェンジを入れてのサイド攻撃にはやや弱い印象です。



また、両サイドとも攻撃的なサイドバックが上がっており、

上がった裏にスペースもある印象です。



そのため、ジェフとしてはサイドで起点を作り、

ガンガンと勢いをもって攻めてほしいです。


清武やサリーナスらドリブルで仕掛けられる選手がどんどんと仕掛けてほしいですし、

北爪らもスペースに走りこんで、どんどんクロスを入れていってほしいです。



それにより、相手のコンパクトがサイドに引っ張られれば、

中央にもスペースが空いてきて、相手の良さは消え、ジェフが押し込みやすい展開にもなっていくでしょう。



サイドからガンガン攻めていくジェフの攻撃に、

注目です。



③FWイバに注意


ジェフの守備についてです。


横浜FCの攻撃は、FWイバに収めさせるところから始まっており、

ここをしっかり止めたいところです。


ボールがイバに収まっている間に、全体が上がってきて、

敵陣内に人数がそろうと、ボール付近にも人数が増え、ボール付近でイバがつなぎ、誰かが決める形も作れています。


また、プレーエリアも広いので、サイドで起点を作っている間に、

中央ではカズがマークを外して待っているケースなどもあります。



起点にもポストにもなり、自分でゴールもとる、万能型FWなので、

非常に警戒が必要だと思います。



ドゥーらがしっかりとマークを外さず、

警戒してほしいと思います。



さて、対戦相手である横浜FCは、かなりリスクを負った攻撃を仕掛けていると、

見ています。



ただ、このチームは伝統的に前に出てくることが多く、

チームの特徴なのかなとも思います。



ジェフは、エスナイデル監督を招聘し、今年から極端な攻撃的スタイルとなっているものの、

まだ伝統とは言えないスタイルです。



ただ、長くやってきているチームをも打ち破って、

新たな伝統を作っていかなければいけないでしょう。



ジェフの聖地でもある三ッ沢で、

新たな伝統となるべく、攻撃的なサッカーを見せよう。




さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: