So-net無料ブログ作成
検索選択

敵陣でボールを持ち続けるというのは、理にかなっていると思う [閑話休題]

どうも、わたしです。


今期のジェフは、ラインを高く上げ、

自陣をあけておく、かなりリスクもある戦術をとっています。



ただ、7節の山口戦のように相手を押し込んだ戦いができると、

有効な感じがしますね。



自陣が空いていても、

ボールは自分たちのゴールから遠い敵陣にあるので、



相手が自陣にボールを入れてきても、

遠い分、時間もかかってきます。



時間がかかっているところで、ちょっとずつ相手の攻撃を遅らせていけば、

自陣で守備体制を取る時間もしっかりあります



それだけでなく、敵陣でボールをもってプレーできるので、相手ゴールには近く、

ゴールを目指したプレーというのは、増えてくるわけです。



アメフトでもラグビーでも、フットボール系のスポーツは、まずは陣地をあげていって、

相手のゴールへ向かって少しずつ進んでいくものと思いますが、



サッカーも当然そんな考え方がありで、

自陣より敵陣にどう入っていくか、それが重要と思います。



つまり、自陣のゴールから遠く、敵ゴールから近い、敵陣でプレーを増やすというのは、

単純な理にかなっているなあと思います。



ただ、相手もスペースを狙ってくるわけで

そこはしっかりケアしないといけないですし、



フットボール特有の、オフサイドというルールに、

助けられている部分もあるかもしれません。



しかし、やはり、ゴールを奪わなければ勝てないスポーツですし、

ゴールに向かい陣をあげる、そんな姿勢はいいと思います。



一見リスキーに見えるけれども、理にかなっている、

そんな戦術なのかなと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0