So-net無料ブログ作成
検索選択

自分たちでボールを動かして崩す新たなステージ<2017年J2第8節山口戦@維新公園> [レポート]

ジェフ1-0山口


どうも、わたしです。



今節は得点こそPKの1点でしたが、

ハイラインで押し込み、ジェフのやりたいサッカーができたと思います。



攻撃面では、アバウトに押し込むのではなく、

自分たちでボールを動かして崩す、新たなステージに入ってきたように思います。


内容を簡単に振り返ります。


ゲームは、両軍守備をしっかり寄せる積極的な姿勢で入ったが、ジェフがラインをあげて圧力をかけ、徐々に敵陣に押し込んでペースを握った。ジェフは敵陣でボールを大きく動かして相手を揺さぶり、徐々に相手の守備は間延びし山口に奪われても、そこにすぐ寄せてつながせず、さらに圧力を強めた。しかし、サイドや最終ライン前では起点ができるものの、ゴール前で決定的な形が作れず、前半を0-0で終えた。後半に入っても、ジェフの選手がよく動き、相手の選手間で起点を作るなど押し込み、ボールを握り続けたが、山口はややゾーンで引いて寄せなくなり、ジェフは崩すためにどんどんとくさびを打ち込むが崩しきれなかった。最終盤に山口も攻勢の時間ができるがジェフはしのぎ、アディショナルタイムの90+1分、仕掛けた壱晟がPKを獲得、ラリベイが決めてリードした。最後は逃げ切り、1-0で勝利したゲームでした。


思うところを書いていきます。


①自分たちでボールを動かして崩す新たなステージ



今節はハイラインにより前線で人数をかけてコンパクトに圧力をかける形がうまくいき、

相手を敵陣に押し込んでいくことに成功したと思います。



山口側は、奪ってもジェフのハイプレスがすぐ地悪にいて寄せてくるので、

ボールをつなぐことができず、


何とかクリアしても、高い位置にポジショニングするジェフのDFが跳ね返してマイボールにし、

押し込まれた状態をなかなか打破できない、苦しい戦いだったのではないでしょうか。



ジェフとすれば、押し込んだ状態でボールを動かしていたので、

ペースを握ってゲームを続けることができました。



その中で今節は、攻撃面で自分たちでしっかりパスをつないで崩す場面も多く、

しっかりポゼッションしようという、新たなステージに入ってきたようにも思います。



ここまでのジェフは、相手に引かれて固められると起点を作る方法がなく、

徐々に相手に起点を作られて、裏にボールを出されることが多かったです。


それに対し今節は、複数の崩しを併用し、

スペースを自分たちで作って、そのスペースを使って崩すような形を作っていたように思います。



序盤はサイドの裏に走りことが多く、

ややラインを高めにコンパクトを作っていた山口のうらのすぺーすをつかいました。



山口は、ジェフが裏に入れてくるので、前線はボールホルダーに寄せ、最終ラインは裏のスペースを消すためやや低くなるので、

全体的に間延びし、今度はライン間にスペースが空くようになりました。



そうすると、ジェフはFWや也真人が下がってきてライン間に三角形の頂点を作るようにパスワークを組み立て、

相手のライン間のスペースに入りこんでパスをつなぐようになりました。



これにサイドからサイドへの揺さぶりや、ラリベイが途中投入されてからのポストプレーなども加わり、

自分たちで崩していく形が多くできていたと思います。




相手がやや内によって固めている部分もあり、

サイドで持った壱晟やサリーナス、清武が、うちにドリブルで仕掛けるケースなども多く、ドリブルなども併用した、多彩な崩しができたと思います。



今日のゲームだと崩しきったというシーンは少なかったですが、

攻撃の多様性があることで、相手は徐々に間延びし、動けなくなっていくのは、はっきりとみて取れました。



こういった感じで、自分たちで崩して、ボールを失わない形は、

目指すところであり、



今までと違う、

一つ上のステージを目指せるところではないかと思います。



さらにジェフらしいサッカーを作って、押し込んだゲームを作っていってほしいと思いますし、

自分たちでボールを保持し、自分たちで崩していくサッカーを作っていってほしいです。




がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0