So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

2つのプレーをいっぺんにできれば、効率が良くなるね [閑話休題]

どうも、わたしです。



最近、

効率よく動くのにどうしたらいいか考えています。



電子レンジで温めている間に、見ているのではなく、

その間にお箸を並べたり、飲み物を準備してしまえば、時短になるわけです。



ただ、その待ち時間を大きくオーバーしてしまうものはダメですし、

遠くに離れてしまうような作業も、効率が悪くなってしまいます。



同じくらいでできる2つのことをまとめて行ってあげて、

初めて効率が良くなるのかなと思います。



家事や片付けのコンサルトさんが話しているのをテレビで見たのですが、

導線を考えるのもいいそうで、



例えば、洗濯をして、干して、たたんで、しまうという作業はそれぞれをそれぞれの場所でやると遠いですが、

たたむ場所やしまう場所、干す前にハンガーにかける場所をを洗濯機の近くにすることで、同じ導線内で作業でき、


行ったり来たりする時間が省け、

効率が上がるのだそうです。



工夫して、短い時間で効率的に作業すれば、

たくさんのことができたり、余裕のある時間ができたりしていいと思います。



生活の中や、仕事の中で、

工夫してみようかなと思います。



さて、サッカーの中でも、

そんな効率的なプレーをしている選手というのもいますね。



トラップしたボールを次のプレーで進みたい方向に落とし、

ワンプレー分の時間を短くする選手や、



走る距離をできるだけ短くし、最短距離で走っている選手など、

プレーの面や、スタミナ面で、効率化というのが考えられるでしょう。



無駄をなくし、効率的にプレーできていれば、

フィニッシュまでの時間を短くできますし、スタミナ消費が少なくプレーでき最後まで戦うことができます。



また、チームプレーでもあるので、負担が一人にかからないよう、

作業の分担ということも考えられるのかもしれません。



一人がボールを持っている間にも、ほかの人は見ているのではなく、

ほかの人は、次のプレーのための準備作業を同時並行でやることができるわけです。



一つのプレーの間に、もう一つのプレーをしたり、準備をしたり、

2つのプレーをいっぺんにできれば、効率が良くなり、強いチームになると思います。



そんな効率の良いプレーというのも

探してみたいですね。



にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大衆に迎合せず、強いクラブを作り上げてほしい [閑話休題]

どうも、わたしです。


大衆迎合主義という言葉が出来上がっており、

世界でも日本でも、そんな風潮になりつつあります。



わたしのとらえ方では、世の中の多くの人の不満をくみ上げ、それを解消するように主張することで、人気を得て政治を行う、

一見、素晴らしいように見えますが、



大衆の不満に思っていることを解消すれば、いい政治になるかどうかというのは、また不透明で、

方向性を政策知識のない大衆に任せて、専門性がないように見えるのです。



つまり、船に船頭がいなくて、帆をあげて風任せ、

そんな状態ではないでしょうか。



イギリス、アメリカ、そして東京、

方向性が見えず、右往左往しているように見えます。



多少、大衆の意見と添わない部分があっても、大衆がいい方向にプロとして導いてくれる、

そんな政治のプロに任せるべきで、しっかり船頭役をやってもらうほうがいいように思います。



プロのリーダー、

そんな方の出現に期待したいと思っています。



さて、サッカークラブでもそういうところがあり、

ファンの意見に迎合してしまうクラブというのも、出ているのではないでしょうか。



人気商売なので、多少の配慮も必要かと思いますが、

やはり、方向性をきちんと導くのは、プロの仕事でないといけないのだと思います。



チームの方針を決め、うまくいかない時も修正の方向性を決め、

周りが騒いでも、きっちりとその方向に導く、それがプロの仕事ではないかと思います。



今期のジェフでは、エスナイデル監督が就任し、

ジェフでというだけでなく、日本では初めてといえるような、サッカーを繰り広げています。



シーズン前からいろいろといわれることもあったのではないかと思いますが、

しっかり導いてくれていると思います



まだここからどうなるかわかりませんが、

周りに左右されず、しっかり導くリーダーなのではないかと思います。



サッカーでも、SNSなどの普及により、意見が見えやすくなってきていて、

今後、大衆に迎合するようなクラブが出てくる流れになってくると思いますが、



大衆迎合せず、強いクラブを作り上げていく、

そんなリーダーが増えていくといいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

セットされたときにどうしていくか<2017年J2第4節松本戦@アルウィン> [レポート]

ジェフ1-3松本


どうも、わたしです。


松本らしさを出され、

ジェフの良さを消されてしまったゲームと思います。


やはり、しっかりセットして守られたときにどう崩し、どうカウンターに対処するのか、

しっかり固めていくことが必要と思います。


内容を簡単に振り返ります。

ゲームはジェフが積極的に前に出ていき、ボールを握って始まった。サイドチェンジを使いサイドで起点を作りスペースへ繋いでいくが、得点までは至らない。やや展開が落ち着いてきた24分、松本にサイドの裏で起点を作られると早いクロスを合わせられ、失点してしまう。やや松本は守備をセットし、ジェフがボールを回す展開となったが、前線で起点が作れず、崩せない展開が続き、前半を0-1で終えた。後半に入ると、すぐにサイド裏で起点を作られCKを与えると、46分にそのCKから失点。55分にもセットプレーから失点し、0-3となった。ジェフは新加入の指宿、キムボムヨンらを投入し、4バックにするなど変更。72分に指宿が収めたボールから清武が決めて、1点を返す。その後ジェフがボールを持ち、崩そうとしたが崩しきれず、カウンターを受ける場面もあり、なかなかいいところが出せず、1-3で敗戦となったゲームでした。



思うところを書いていきます。




①セットされたときにどうしていくか



松本は、先制点をワンチャンスで奪い、しっかりセットして守ったことで、

ジェフに攻撃のスキを与えなかったと思います。



ジェフの攻撃は、ここまでのレポート記事にも書いてきましたが、

①サイドに早く起点を作りクロスを入れていく形、②アバウトなボールを前線に入れセカンドボールに寄せる形、③裏へのボールに抜け出す形、この3つのかたちで、前線で前を向いていくことになると思います。



ただ、しっかりセットして守られてしまうと、

①と③は相手がしっかり準備していると難しい面があります。



一方で、第2節の山形戦では②のアバウトねボールのセカンドボールへの寄せが有効に効いて、

ややセットして固めた山形を崩し、得点につなげました。



セットしてきた松本相手にも、この方法を取る以外に攻め手が少なかったわけですが、

松本はしっかりと準備して守っており、セカンドボールをジェフが取れる場所には落とさなかったと思います。



ジェフがアバウトなボールを入れていっても、松本に常に優位に対応され、

松本にとっていい場所に落とされてしまうと、ジェフは寄せても自分たちより相手に先に触られてしまい、



逆に松本のカウンターの起点になってしまう、

そんな悪循環であったと思います。



やはり、セットして守ってくる相手にはどう攻めるのか、どうカウンターに対処するのか、

しっかり作っていく必要があるのかもしれません。




ジェフは、最後の場面で、4バックにし、前線にFW指宿を投入する形を作り、

ちょっと変えてきました。



相手のWBに対し、サイドで優位を作れず、逆に裏を取られるケースもあったわけですが、

サイドの枚数を増やしました。


それによって、サイドチェンジの可能性を高くし、

また、サイドの数的優位を使って、サイドで起点を作る動きができました。



一方で、指宿は少し下がったところでボールが収まり、

指宿に収めて、落としたボールで前を向く形というのも、できたと思います。



つまり、前を向く形①~③に加え、

④サイドの枚数を増やし、サイドチェンジからサイドに起点を作る、⑤FWのポストプレーで組み立てる、



この④と⑤も前を向く形に入れていく、

そんな試行錯誤もしていく可能性を見せました。



わたし自身は、この柔軟な変化よりも、

①~③で突っ走ったほうがいいような気がしていますが、柔軟さも大事でしょう。



ジェフもまだまだ進化の途中、

苦手なスタイルのチームともどう戦うか、よくチーム作りをして、戦っていきましょう。


がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -