So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

土台-東京V戦即レポ [即レポ]

ジェフ1-2東京V


どうも、わたしです。



開幕戦から熱狂のゲームで始まりましたが、

ジェフは10人で戦いながら相手に追いつき、ぎりぎりまで追い詰める戦いぶりであったと思います。




前半9分のまさかの退場劇から、チームをやりくりし、最後まで崩れず諦めないゲーム作りに、

昨季作り上げた土台を感じたゲームでした。




さて、ゲームは両軍中盤のあたりを激しく始まった。

ジェフは外に大きく開こうとするのに対し、東京Vがコンパクトに当たってくると、



攻守の切り替えでジェフの守備が追いつかないのに対し、東京Vは一気に縦パスを通し、

ジェフは後追いした増嶋が後ろから倒し、9分で退場となった。



しかしジェフはCBに鳥海を投入し、高いラインを維持、

徐々にパスをつなげると、前半はポゼッションを握った。



サイドからサイドへ崩すと、クロスを上げるシーンも多く、

0-0ながら、前半はややジェフペースで終えた。



後半に入ると東京Vが大きな展開でジェフの守備を引きはがしに来ると、

48分、サイドでアランピニェイロのクロスを、中央でドゥグラスビエイラが決めて失点。



ジェフは全体的に間延びしてしまいプレスがかからず、苦しい後半となったが、

粘り強く守り、攻撃に転じた。



前線に指宿を投入し、起点を作ると、

86分、指宿のポストしたボールをラリベイがサイドにはたき、受けた茶島のクロスをラリベイがゴール前で決めて同点とした。



しかし、89分にCKを畠中に決められ失点、

最後まで走り続けチャンスを作るも得点に至らず、1-2で敗戦したゲームでした。




さて、ジェフは退場者を出したり、失点すると、昨年までは崩れてしまうシーンも多かったのですが、

今節は粘り強くメンバー間でゲームを組み立て、一時は同点に持ち込むシーンもありました。



増嶋という主力を退場で欠いて、ルーキー鳥海を投入するなど不測の事態でもあったと思いますが、

前半の20分くらいには立て直し、ジェフのパスがつながり、セカンドボールを奪える展開になったと思います。




アンカーのシステムから、ダブルボランチに変更し、

相手とのミスマッチも生まれる状況になりますが、ジェフがうまくチームを作った印象です。



そのダブルボランチとなった、熊谷と矢田がよく走り、

スペースを埋め、守備でカバーしてくれたと思います。



何よりも、10人で苦しく厳しい終盤でも気持ちが折れず、

チーム全体が攻めに徹することができたのも成長と思います。



86分には、サイドでフリーでボールが入ると、

ゴール前には4人が走りこみ、同点弾を決めました。



チームの誰かが気持ちが折れて走れなくなってしまえばそれまででしたが、

全員が走り続け、最後まであきらめなかったためと思います。




不測の退場、不測のメンバー交代、不測の布陣でも、崩れることなく組み立て、

チームを組み立て続けた、そんなチームの土台が見えたのではないでしょうか。



第1節から、厳しいゲームになりましたが、

今年もシーズンが始まりました。



昨年までに作った土台を活かしつつ、

さらに鋭さを増したサッカーを作り、



シーズンを、

戦い抜いていきましょう。



がんばれジェフユナイテッド

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

開幕戦、リーグ8連勝がかかっています [閑話休題]

どうも、わたしです。


とうとうJ開幕で、

ジェフは、アウェイで東京Vと対戦です。



ジェフは、昨年末は7連勝でシーズンを終えているので、

リーグ戦ではこの開幕戦に、8連勝がかかるゲームといえるのかもしれません



記録としては、シーズンをまたいでいるので認められるのかわかりませんが、

認められれば、チーム初ということになります。



なかなか連勝の勢いというのは自覚しにくいですが、

昨年末の勢いは、みんながなんとなく自信をもっていると思います。



このままの勢いで、

しっかりとシーズンを戦っていくためにも、開幕戦で勝ちたいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《プレビュー》明日はJ2東京V戦@味スタ [プレビュー]

※2月24日分更新です。



どうも、わたしです。



主力を維持し継続の年となったジェフは、

開幕戦で、東京Vと戦います。



昨季は苦戦した相手で、同じく体制を維持してきた相手に対し、

勝利を奪い取りたい一戦です。



前回対戦は、昨年9月にJ2第31節をフクアリで戦い、
2-2で引き分けています。
ゲームは両軍とも攻撃を意識し、互角な展開で始まった。ジェフはサイドから攻めるが高い位置で起点ができず、東京Vの前からのプレスでつなげない展開が続き、自陣でプレーする時間が長い。逆に東京Vは早めにFWドゥグラスビエイラに入れて、ここが収まると、ジェフはやや引かされてしまい、前線と最終ラインの距離が開き、コンパクトを失った前半だった。ジェフが劣勢ながら0-0で終えた、前半となった。後半に入るとジェフは攻撃のスイッチが入り、ライン間で受けては、前にボールを運ぶようになり、やや東京Vの布陣のコンパクトさを奪った。押し上げつつあった51分、左サイドで清武がクロス、也真人が競ってはじかれたボールを受けたラリベイが決めて先制に成功した。しかし56分、相手のサイドチェンジを通してしまうと、中央へのボールを通され、ドゥグラスビエイラに決められて失点した。さらに62分、裏へのロブをGKが出て競ったが、こぼれを梶川にループで決められ逆転を許した。だが71分、CKの流れから、左サイド矢田のクロスを、ファーで大久保がヘッドで合わせ、同点とした。その後、ジェフは前への圧力をかけボールを回しながら攻めるも、決めきることができず2-2で引き分けたゲームでした。



個人的注目点を書いていきます。


①ボールを保持し、押し込んだ戦いに持ち込もう


ジェフと東京Vともに、パスをつないでくるチームを作り上げていると思われますが、

ボールをしっかり保持し、押し込んだ戦いができるかが注目点です。



ボールを保持できれば、相手は引いて守る時間が長くなり、

リズムを失うことになるでしょう。


特に昨年の東京Vは、やや引いた場合はゾーンで守り、それほどプレスをかけてこなかったので、

ジェフは、自分のリズムで攻めることも可能になってきます。



サイドからサイドに大きく使い、パスをつなぎながら崩していく、

そんなサッカーに期待します。



②初得点はどんなパターンから、多くの得点パターンに注目


ジェフの攻撃についてです。



ジェフは昨期からの継続の年となっており、

多くの得点パターンを維持しての今年になっていると期待します。



サイド攻撃からの崩しを中心にしつつも、クロスだけでなく、自分で切りこんだりといった、

多くのパターンで得点に迫れるでしょう。


それだけでなく、中央からのスルーパスや、カウンターからの抜け出しなど、

多くの得点パターンが見られるものと思っています。


エースのラリベイを中心にですが、指宿・為田・船山といったFW陣が、

どのようなプレーをするのか、注目です。



さらに、中盤の也真人・矢田・茶島・小島といった攻撃的なプレーヤーのゲーム采配も、

シーズン通して、期待が大きいです。


さらに増えていくであろう、多くの得点パターンに対し、

シーズン最初の得点がどんな形か、期待したいと思います。



③相手の外国人プレーヤーに注意


ジェフの守備についてです。


昨期もそうでしたが、東京Vの外国人選手、

アランピニェイロ・ドゥグラスビエイラに注意が必要と思います。



押し込んだ戦いができても、この2人にボールが収まってしまうと、

戦局を打開されてしまい、ハイラインで作ったスペースで仕事をされてしまうことが多くなっていました。


最終ラインが、しかりとマークを外さず、

この2人にはボールを入れさせないことが大事と思います。



昨期の並びとは変わってくるであろう最終ラインが、

どんな仕事をするのか、期待して見たいと思います。



さて、今期もとうとう、

開幕する。



昨期の記事を見直してみると、東京V戦のあった31節ではジェフはなんとかプレーオフをうかがう位置で、

プレーオフ圏にいた東京Vは格上の相手であったようである。


そのゲームに引き分けたのち、ジェフは連勝でプレーオフ出場を果たし、東京Vは逆に調子を下げ逃しており、

明暗を分けた終盤戦であったであろう。



この開幕戦、ジェフはその時の勢いそのままに、

勝ちを掴んでいきたい。



敵地での開幕戦、パシオンなチームを継続し、

勝利を掴んでいこう



さあ戦いの時間だ

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ   ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村     にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -